ブログタイトル

住宅の外壁塗装が劣化するとどうなる?塗り替えの必要性とは

前回の記事では、なぜ外壁塗装が必要なのかと、外壁塗装リフォームを行うタイミングについてご紹介しました。

外壁塗装はなぜ必要?塗装を行うタイミングについて

 

今回は、前回の記事に引き続き、外壁塗装が劣化するとどのような問題が起こるのか、そして実際に塗り替えリフォームを行う場合の手順についてご紹介します。

 

外壁塗装の劣化によって発生する問題とは

前回の記事では、外壁に施されている塗装やコーティングが劣化すると、建物の防水性が低下すると説明しました。

このような症状が発生した場合、建物にはどのような問題が起こるのでしょうか?

 

1.小規模な雨漏りが発生する

外壁が雨水の浸入を防止できなくなると、外壁部分に雨水が染みこみやすくなったり、外壁のクラックやサイディングボードの隙間から雨水が浸入したりします。

しかし、この侵入した雨水は余程大量でなければ室内まで染みこんでくることはありません。

これは、近年の住宅が壁内部に断熱材を充填している場合が多いことが理由です。

この断熱材はスタイロフォームや発泡ウレタンなどのスポンジ状の素材で、本来は空気の層を作り出して断熱効果を得ています。

しかし、隙間が多いということはそれだけ水分も多く吸収できるということですので、外壁からの雨漏りが発生していたとしても、断熱材がある程度の水分を吸収してしまい、室内まで雨水が浸入しないのです。

つまり、室内で雨漏りが見つかった場合、建物には断熱材の吸収限界を超える雨漏りが発生している可能性が高いと考えられます。

 

2.断熱材、構造材の腐食・劣化

話は少し戻りますが、室内で確認できない程度の雨漏りが発生すると、建物にはどのような問題が起こるのかについてもご紹介します。

小規模な雨漏りの場合、壁内部に充填された断熱材などに雨水が染みこみますが、この雨水はしばらくの間壁の中に残ります。

これは、住宅の壁内部は構造材の腐食を防止するためにある程度の気密性と乾燥状態が確保されていることが理由です。

つまり、外壁からの雨漏りが発生すると、本来確保されているはずの乾燥状態が失われ、柱や梁、断熱材が湿気に晒される状態になります。

もちろん、短期間の湿気ならこれらの構造材もほとんど腐食を起こすことはありません。

しかし、もし気づかないまま放置した場合、柱が腐食し、ちょっとした台風や地震で建物が傾いたり倒壊したりと言った問題が起こるのです。

断熱材については石油系素材のため、こちらもすぐに劣化することはありませんが、水分が多い環境下ではカビなどが生えやすくなり、壁内環境の悪化を促進してしまいます。

 

建物診断で塗装の状態を確認してもらおう

前回の記事では、塗装やコーティングの劣化を見分ける方法についてご紹介していますが、実際に塗り替えリフォームを依頼する場合はどのような手順で行えば良いのでしょうか?

塗装やコーティングの劣化が疑われる、前回の塗装から約10年経過しているという場合には、まず外壁塗装を手掛けているリフォーム会社に連絡し、建物の状態を診断してもらってください。

診断の結果、塗り替えリフォームが必要だと思われる場合は、依頼すれば見積もりや工事の予約を行うことができます。

 

塗り替えリフォームの費用は建物によって違う

塗り替えリフォームの費用は、一般的に約100万円前後と言われています。

しかし、これは様々な事例の平均を元にした相場のため、場合によってはもっと高くなることもありますし、逆にやすく収まることもあります。

特に雨漏りなどで建物の劣化が進んでいる場合は、壁の修繕まで必要となるため、リフォーム費用は通常の塗装だけの場合に比べ、はるかに高額となるでしょう。

建物のメンテナンス、修繕費用を抑えるためには、塗装やコーティングなどの劣化が進む前にリフォームを行い、雨水の浸入を防ぐことが重要です。

建築またはリフォームしてから約10年経過したら、見た目上問題がなくとも、建物診断を依頼し、プロの目で建物の状態を確認してもらうようにしましょう。

 

外壁塗装はなぜ必要?塗装を行うタイミングについて

外壁塗装のタイミングはわかりにくい

自宅の定期点検の際などに、担当者から外壁の劣化を指摘されたり、同じ時期に建てられた住宅が外壁の塗り替えを行ったりしていると、自宅も同じように塗り替えを行った方が良いのか迷ってしまいます。

とはいえ、外壁の塗り替えリフォームを行うとなると、それなりに費用がかかってしまうため、できれば塗り替えを行う回数は少なく抑えたいと考える方も多いでしょう。

今回は、外壁塗装リフォームがなぜ必要なのかについてと、リフォームを行うタイミングについてご紹介します。

 

外壁塗装はなぜ必要なのか?

住宅の外壁には、サイディングやタイル、モルタルなどさまざまな材料が用いられていますが、どの材料を用いている場合でも、基本的にコーティングや塗装が施されています。

これは、外壁材に雨水や日光が直接触れるのを防ぐ目的で施工されているのですが、もし何らかの理由でこれらのコーティングが失われてしまうとどのような問題が起こるのでしょうか?

住宅の外壁に用いられている材料は、そのままの状態で十分な耐水性を持っているというわけではありません。

モルタルは水分が染みこみやすいという性質がありますし、金属製サイディングはそのままだと錆びます。

窯業系サイディングの場合は、ある程度の耐水性を持っている製品もありますが、こちらはひび割れやサイディングの隙間を埋めるシーリング材の劣化による防水性の低下を考えなければなりません。

外壁塗装というと、どうしても住宅の見た目に関わるポイントと考えられがちですが、実は見た目ではなく、建物の状態を保つために必要なものなのです。

もし、何らかの理由で外壁塗装やコーティングが失われてしまうと、建物内部に浸入した雨水によって、柱や梁などの構造物が劣化したり、カビによる健康被害が起きたりします。

 

外壁の塗り替えリフォームを行うタイミング

外壁の塗り替えはどのようなタイミングで行うと良いのでしょうか?

塗装で仕上げられた外壁の場合、

・塗装の艶が失われる

・色褪せが起きる

・塗装面に白い粉が浮く『チョーキング』が起こる

・苔やカビなどが生えてくる

などの症状が起こりますが、これは全て塗装の劣化を示しています。

ご自宅の外壁を確認し、もしこのような症状が起きていたら、リフォーム会社に連絡して外壁の状態をプロの目で調査してもらうと良いでしょう。

窯業系サイディングなどの劣化が起こりにくい外壁の場合については、表面ではなくサイディング材の隙間を埋めているシーリング材部分を確認してください。

シーリング材部分に細かなひび割れができていたり、指で押した際に弾力が感じられなくなったりしている場合は、外壁のリフォームを行うタイミングだと言えます。

 

一般的な外壁塗装のタイミングは約10年

一般的に、新築してから外壁の塗り替えを行うまでのタイミングは、約10年が目安とされています。

もちろん、新築時に用いた塗料や外壁の種類によって塗り替えまでの期間は変わるので、10年より早く劣化症状が発生する場合もあります。

また、外壁の劣化は周辺環境や建物の向きなどによっても変化するので、築7年を過ぎたぐらいのタイミングで目視による劣化チェックを行い、劣化が見られたらリフォームの準備を行うと良いでしょう。

 

 

 

外壁塗装リフォームは何時が良い?外壁塗装のタイミング

外壁塗装リフォームのタイミングは何時が良い?

家のメンテナンスで悩むのが、リフォームを行うタイミングです。

ただ性能を上げたい、便利にしたいという目的なら何時やっても良いのですが、家の状態を維持する目的でリフォームを行う場合などは、できる限り耐用年数ぎりぎりまでリフォームのタイミングを遅らせ、コストを削減したいものです。

特に、外壁塗装リフォームは一度の工事でかかる費用が高額なため、リフォームのタイミングを調整するかどうかによって、将来的に必要となるコストは大きく変わってしまうでしょう。

 

理想的な外壁塗装のタイミングは約10年

一般的に、外壁塗装のリフォームを行うタイミングは前回の工事から約10年が目安とされています。

これは、住宅の外壁に広く用いられている窯業系サイディングボードの防水性能が約10年で低下しはじめることが理由です。

窯業系サイディングボードは、見た目こそ陶器のようですが、実際にはセメントが主な材料として用いられており、陶器などのように素材そのものに防水性があるというわけではありません。

そのため、製造段階でこれらのサイディングボードには防水塗装を施されており、この塗装の寿命である約10年が外壁塗装リフォームのタイミングとされているのです。

とはいえ、これはあくまでセメント製の窯業系サイディングを使っている場合での話ですので、陶器タイプのサイディングや金属製サイディング、木質系サイディング、モルタル壁の場合はまた話が変わります。

 

外壁塗装のタイミングは塗装の劣化から判断する

外壁塗装のタイミングをよりしっかりと判断したいという場合には、外壁塗装の状態から劣化具合を把握すると良いでしょう。

住宅に用いられている塗料は、紫外線などの影響で段々と劣化するため、定期的に外壁の状態を確認しておけば、塗り直しが必要なタイミングを判断できます。

 

外壁が色褪せてきている

塗装や外壁材の交換した直後に比べ、外壁の色あいが白っぽく薄くなっている状態が色褪せです。

雨や風などで起こることもありますが、色あせの原因は主に紫外線。

紫外線によって塗料の成分が分解され、機能が低下しはじめると、色褪せという症状が現れます。

とはいえ、色あせは外壁塗装の劣化段階としては初期のものですので、色褪せたらすぐに外壁塗装リフォームが必要というわけではありません。

色褪せを把握したら、まずはリフォーム会社などのプロに連絡し、塗装の状態を確認してもらうと良いでしょう。

 

チョーキング、塗膜の膨らみ、塗膜の剥がれ

チョーキングとは、塗装に触れるとチョークの粉のような汚れがつく症状のことで、紫外線による塗装の劣化で塗膜がボロボロになっていると現れます。

塗膜の膨らみや剥がれも同様の原因ですが、こちらはチョーキングよりさらに劣化が進んだ段階です。

どちらの症状も塗装の劣化がかなり進行している状態で現れるものですので、発見したら早めに外壁塗装リフォームの準備を行うようにしてください。

 

その他の危険な症状

色褪せやチョーキング、剥がれといった症状の他にも、外壁の劣化症状にはさまざまなものがあります。

特に、モルタル壁などの塗壁で起こる『クラック、ひび割れ』、サイディング外壁で発生する『シーリング材の割れ』は、隙間から雨水が浸入してしまう可能性が高い症状のため、できるだけ早い対処が必要です。

住宅外壁の劣化は、雨漏りによる建物の傷みの原因です。

定期的に外壁の状態を確認し、何か問題が見つかったらリフォーム会社などに連絡して対応を相談するようにしてください。

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織