ブログタイトル

スレート屋根の耐久性と耐用年数を延ばすメンテナンスの方法

比較的軽量でデザイン性が高く、施工費用も比較的安価ということで人気が高いスレート屋根。

ご自宅を新築される際にスレート屋根を導入したという方も多いと思います。

しかし、スレート屋根はガルバリウム鋼板製の屋根材や日本瓦などに比べ、耐久性が低くメンテナンス費用がかかるため、コストパフォーマンスの面では不利だと言われています。

スレート屋根は本当に耐用年数が短くコストパフォーマンスが良くない屋根材なのでしょうか?

メンテナンス費用と耐久性の面からスレート屋根と他の屋根を比較してみましょう。

 

スレート屋根の耐久性はどれくらい?

コロニアル屋根の特徴と塗装前に知っておきたい基礎知識

スレート屋根の耐久性については、こちらの記事でご紹介しているとおり、約20年が目安とされています。

ただ、表面に施されている防水塗装が劣化しやすい環境、例えば日当たりが悪く湿気がこもりやすい場所では約10年で劣化が見られることもありますし、逆にあまり雨が降らず屋根に良い環境下なら約30年持つこともあります。

ご自宅の屋根環境がよくわからないという方は、念のために施工後約10年を目安に目視でカビやコケ、色褪せ、割れなどのトラブルが起こっていないか確認しておくと良いでしょう。

 

スレート以外の屋根材はどれくらい耐久性がある?

スレート以外に一般住宅で多く用いられている屋根材には、メッキを施した鋼板で作られたガルバリウム鋼板と、日本で古くから用いられてきた伝統的な屋根材である日本瓦があります。

日本瓦とガルバリウム鋼板の耐久性をスレートと比べてみましょう。

 

日本瓦の耐久性とスレートとの違い

日本瓦とは、陶器と似た製法で作られる屋根材です。

基本的に陶器と同じ特性のため、表面は高温で溶けてガラス上になった釉薬で覆われており、高い耐久性が特徴です。

耐久性は条件次第で約100年持つと言われており、割れなどの補修についても割れた部分だけを交換すれば対応できるため、メンテナンス性良好と言えます。

ただし、日本瓦は屋根材の中で特に重く、その重量は1坪あたり約165kgに達します。

スレート屋根は1坪あたり約70kgが重量の目安とされていますので、耐震性を重視するならスレート屋根を選んだ方が良いでしょう。

 

ガルバリウム鋼板の耐久性とスレートとの違い

ガルバリウム鋼板とは、鋼板にアルミ亜鉛メッキが施された建材です。

薄く軽量で屋根重量を抑えられるため、耐震性に優れ、耐久性についても約30年が目安とされているため、全体的にバランスが良い屋根材と言えます。

ただ、ガルバリウム鋼板は比較的薄い鋼板にメッキを施したもののため、凹みやすく台風や強風が多い地域ではやや不安な部分もありますし、潮風に晒される海沿い地域ではサビが発生して耐久性が下がる可能性にも注意しなければなりません。

 

スレート屋根はメンテナンス次第で耐久性が増す

スレート屋根はメンテナンスを行わなければ約20年で防水性などが失われてしまいますが、メンテナンスさえ行えば最大で約50年使い続けることができると言われています。

メンテナンスの方法は、定期的に塗装を施し、表面の防水塗膜を維持することです。

スレートはセメントに繊維系素材を混合して作られているもののため、そのままでは雨水が浸透して劣化を進めてしまいますが、製造時と同じように塗膜で保護し、水分の侵入を防止すれば長期間耐久性を維持することができます。

定期的に屋根の状態を確認し、劣化症状が発生している場合には屋根材そのものが駄目になる前に早めに塗装によるメンテナンスを行いましょう。

 

コロニアル屋根の特徴と塗装前に知っておきたい基礎知識

こちらの記事では、スレート屋根のブランド名であるコロニアルの劣化症状をご紹介しています。

基本的にはスレートもコロニアルも発生する症状そのものは同じですので、屋根の状態を確認する際にはこちらの記事をご参照ください。

スレート屋根に塗装メンテナンスが必要な理由とは?

スレートは軽さが特徴の建材で、近年ガルバリウム鋼板などと同様に地震対策としての導入が増加している屋根材です。

軽量である程度の耐久性があり、何より塗装で仕上げられているため、見た目にもこだわれるとして幅広い人気を誇っていますが、スレート屋根の性能を維持するためには定期的な塗装によるメンテナンスが必須とされています。

なぜスレート屋根には塗装メンテナンスが必要なのでしょうか?

スレートの特徴と塗装が劣化した場合に起こりうる問題についてご紹介していきます。

 

スレートはどうやって雨の侵入を防いでいるのか?

スレートとは、主原料のセメントに約1割の繊維系素材を配合して作られる屋根材です。

主原料として用いられているセメントはさまざまな場所に用いられている世界でも有数の建材ですが、実は高い強度と施工性とは裏腹に、ある特徴に注意する必要がある素材とも言われています。

その特徴とは、防水性があまり高くないということ。

セメント及びコンクリートが用いられている建物は数多くありますし、大量の水を保持するプールもセメントで製造されることが多いのですが、実はセメントは長期間水にさらされると防水性が低下するという特徴があります。

特に雨水には弱く、窒素酸化物を含む雨、いわゆる酸性雨に晒された場合、セメントの主成分が溶け出し、どんどん強度と防水性が失われるのです。

スレートの場合もセメントが多く用いられていますので、そのままの状態ではあっという間に劣化が進み、防水性が失われるでしょう。

 

セメント製品には塗装による保護が重要

建物の中には、コンクリート打ちっぱなしで外壁を仕上げているものもあります。

これを見るとセメントむき出しでも防水性を維持できるように思えますが、実はこれらの打ちっぱなし外壁には、雨を弾くクリア塗装が施されていたり、最初から雨に強い特殊なコンクリートが用いられているのです。

そのため、通常のコンクリートで作られた外壁の場合、定期的にクリア塗装の再塗装が必須で、施工されている場所によっては数年おきに塗装を行わなければならないこともあります。

外壁に限らず、似た素材を用いているスレートの場合も同様に塗装で表面を保護しています

スレートの場合はクリア塗装を施すことはあまりなく、建材として住宅のデザインに合うようさまざまなカラーが用いられており、比較的自由に色調を選ぶことが可能です。

 

スレート屋根の塗装メンテナンスが必要な理由

ここまででご紹介したとおり、スレートをはじめとするセメント系屋根材は、防水性・耐水性を表面の塗装によって確保しています。

もし、塗装が劣化した状態をそのままにしていると、雨がスレートに染みこむため、カビやコケ、変形・ひび割れなどの症状が発生します。

このような症状が起こった場合、状態によっては屋根材の葺き替えを行わなければならなくなるでしょう。

しかし、塗装による防水性が確保された状態ならこれらの問題はほとんど起こりません。

つまり、スレート屋根の塗装メンテナンスとは、塗装の劣化によって失われる耐水性を維持し、屋根の状態を長期にわたって保つために欠かせない作業だと言えるのです。

屋根の塗装リフォームは比較的高額な工事だと思われがちですが、葺き替えや重ね葺きと言った屋根材そのものを変更したり追加したりする工事と比べればコストは抑えられます。

塗装の耐水性が失われて大掛かりなメンテナンス・リフォームが必要となる前に、定期的な塗装メンテナンスを実施しておきましょう。

 

コロニアル屋根の特徴と塗装前に知っておきたい基礎知識

スレート屋根のメンテナンス時期、劣化の見極め方については、こちらの記事で詳しくご説明しておりますので、ご自宅の屋根の状態が気になるという方は是非こちらの記事も合わせてご覧ください。

 

 

コロニアル屋根の特徴と塗装前に知っておきたい基礎知識

コロニアル屋根とは、ケイミュー株式会社が販売している屋根材のブランド名で、一般的にはスレート瓦やカラーベストなどと呼ばれている製品のことです。

スレートとは、セメントを主剤に繊維系素材を混合し、薄くのばして作られており、安価にもかかわらず色や形状の自由度が高く、耐久性も高いため、一般住宅用の屋根材として広く用いられています。

 

コロニアル・スレート屋根を再塗装するタイミング

コロニアル屋根の耐用年数は、平均して約20年から25年ですが、表面塗装については約10年で塗り直しが必要とされています。

もし、塗り直しを行わなければ、コロニアル屋根の防水性が失われてしまい、本来の耐用年数よりはるかに短い期間で屋根の葺き替えを行わなければならなくなります。

屋根を守るためにも、今回ご紹介するコロニアル屋根の劣化症状を参考にし、劣化が進みきる前に屋根の塗装リフォームを実施すると良いでしょう。

 

コケやカビの発生

コロニアル屋根の材料であるセメントは、本来水分を通しやすい素材です。

そのため、屋根材として利用するにあたり、表面に塗装を施して防水性を持たせています。

コケやカビなどは、屋根材に水分が長く含まれると発生するため、コロニアル屋根にこれらが発生すると言うことは、屋根材そのものの防水性が低下していると考えられます。

すぐに屋根が駄目になるというわけではありませんが、コケやカビが屋根に生え始めたら、塗装リフォームの準備を始めるようにしましょう。

 

棟板金の浮きや釘の浮き上がり

棟板金とは、屋根の頂点部分に設置する金属製の蓋のようなもののことです。

三角屋根の場合、屋根材を並べていくとどうしても頂点部分に隙間ができるため、この棟板金で蓋をして雨水の浸入を防いでいます。

棟板金は基本的に金属素材で作られているため、朝夕の温度差で膨張し、だんだんと固定している釘を押し出してしまい、最終的には棟板金に浮きができてしまったり、棟板金がめくれて下地が丸出しになったりします。

棟板金部分を直接確認するのは難しいですが、下から見て棟板金が波打っていたり、バランスが悪くなっていたりするとこの釘浮きが発生している可能性が高いため、リフォーム会社に連絡して状態を確認してもらうようにしてください。

 

屋根材の割れや反り・滑落

防水性が低下したコロニアル屋根は、水分によって膨張と収縮を繰り返し、割れや反りが発生します。

割れや反りは基本的に屋根材の防水性がほぼ失われている状態で発生するものですので、見つけた場合はできるだけ速やかに塗装リフォームを実施することをおすすめします。

もし、割れや反りが発生した状態で放置すると、雨漏りや瓦の滑落が起こり、大掛かりな修理が必要となるでしょう。

 

コロニアル屋根の塗装リフォームで注意する点

コロニアル屋根に塗装リフォームを施す場合、注意しなければならない点があります。

コロニアル屋根は薄い板状の屋根材を瓦のように重ねて施工するのですが、この時に屋根の下側方向に当たる部分は隙間を空けなければなりません。

この隙間のことを『縁切り』と言い、もし縁切りが不十分な場合、雨水が排出されず雨漏りや屋根材の傷みに繋がります。

屋根塗装を得意としているリフォーム会社なら縁切りを忘れることはまずありませんが、塗装を依頼する際には念のため、どのように縁切りを行うのか確認しておきましょう。

コロニアル屋根の塗装方法については、前回の記事でご紹介していますので、こちらをご覧ください。

屋根の塗装は素材によって変わる!屋根材別の塗装方法をご紹介します

 

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織